[閲覧の履歴の削除] にアクセスできないようにする

このポリシー設定は、ユーザーが閲覧の履歴を削除する操作を実行できないようにします。閲覧の履歴グループ ポリシー設定の詳細については、TechNet テクニカル ライブラリの「Group Policies Settings in Internet Explorer 10 (Internet Explorer 10 のグループ ポリシー設定)」を参照してください。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーは [閲覧の履歴の削除] ダイアログ ボックスにアクセスできなくなります。Windows 8 以降では、ユーザーは設定チャームの [閲覧の履歴の削除] ボタンをクリックできません。

このポリシー設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーは [閲覧の履歴の削除] ダイアログ ボックスにアクセスできます。Windows 8 以降では、ユーザーは設定チャームの [閲覧の履歴の削除] ボタンをクリックできます。


サポートされるバージョン: Internet Explorer 7.0 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Control Panel
Value NameDisableDeleteBrowsingHistory
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)