フォームへの添付ファイルとして特定の種類のファイルを許可する

このポリシー設定では、InfoPath 2007 フォームに添付ファイルとして追加できるファイルの種類 (ファイル拡張子) を指定します。



このポリシー設定を有効にし、[安全でない種類のファイルをユーザーがフォームに添付できないようにする] が無効になっているか、未構成の場合、ユーザーは、InfoPath 2007 で禁止されている標準のファイルの種類から削除するファイル拡張子を指定することによって、その種類のファイルをフォームに添付できます。



重要 - [安全でない種類のファイルをユーザーがフォームに添付できないようにする] が有効になっている場合、このポリシー設定を有効にしても何の影響もありません。つまり、このポリシー設定で拡張子を指定しても、フォームへの添付ファイルとして許可されません。安全でない種類のファイルをフォームに添付できるようにする正当な必要性がある場合は、このポリシー設定を有効にし、許可するファイルの種類を指定し、さらに [安全でない種類のファイルをユーザーがフォームに添付できないようにする] 設定を無効にする必要があります。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、ユーザーはウイルスを含んでいる可能性のある潜在的に安全でないファイル (.bat ファイルや .exe ファイルなど) を除き、あらゆる種類のファイルをフォームに添付できます。Microsoft Office InfoPath 2007 で既定で禁止されているファイルの種類の完全な一覧については、「Security Details (セキュリティの詳細)」 (http://r.office.microsoft.com/r/rlidGroupPolicyFileAttachCtrl2?clid=ja-jp) を参照してください。


サポートされるバージョン: Windows Vista 以降

通常はブロックされる次の種類のファイルをフォームに追加できるようにします。

例: '.ext' または '.ext, .ex1, .ex2, lt;...>'

ファイルの種類:

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\InfoPath\Security
Value NameUnsafeFileTypesRemove
Value TypeREG_SZ
Default Value

inf12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)