信頼済みサイトのセキュリティ ゾーンにあるフォームを開くときの動作を指定する

このポリシーでは、信頼済みサイト ゾーンからのフォームに関して、そのフォームとローカルにキャッシュされたフォームとの間に場所情報の不一致がある場合に InfoPath 2007 でそのフォームを開くかどうかを指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、場所情報が一致しないフォームを InfoPath 2007 ユーザーが開くときに適用する動作を、以下の 3 つのオプションから選択できます。



-[許可する] - ユーザーに確認メッセージを表示せずにフォームが開きます。



-[確認のメッセージを表示する] - フォームを開くかどうかを指定するための確認メッセージが表示されます。



-[ブロックする] - フォームを開くかどうかを指定するための確認メッセージが表示されます (この機能は、[確認のメッセージを表示する] と同じです)。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にしており、キャッシュされたフォームと保存されているフォームの場所情報が一致しない場合は、フォームを開く前に、ユーザーに同意を求める確認メッセージを表示する必要があります。これは、このポリシー設定を有効にし、[ブロックする] オプションを選択した場合と同じ動作になります。


サポートされるバージョン: Windows Vista 以降

信頼済みサイトのセキュリティ ゾーンで、テンプレート名 (URN) と

フォームの場所 (PI の場所) が不一致のフォームを開くときの動作


  1. ブロックする
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\InfoPath\Open Behaviors
    Value NameTrusted Site
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. 確認のメッセージを表示する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\InfoPath\Open Behaviors
    Value NameTrusted Site
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. 許可する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\InfoPath\Open Behaviors
    Value NameTrusted Site
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


inf12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)