Outlook Anywhere のユーザー インターフェイス オプションを構成する

Exchange サーバーに対する Outlook Anywhere の通信に関連するユーザー インターフェイス オプションを構成します。


サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
OS で機能がサポートされる場合の UI の状態を選択してください:


  1. 表示しない
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\RPC
    Value NameEnableRPCTunnelingUI
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. すべての構成 UI を有効にする
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\RPC
    Value NameEnableRPCTunnelingUI
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. オン/オフ コントロールのみ有効にして構成 UI を有効にしない
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\RPC
    Value NameEnableRPCTunnelingUI
    Value TypeREG_DWORD
    Value2
  4. 設定が展開済みの場合に構成 UI を有効にする
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\RPC
    Value NameEnableRPCTunnelingUI
    Value TypeREG_DWORD
    Value3
  5. すべての構成 UI を無効の状態で表示する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\RPC
    Value NameEnableRPCTunnelingUI
    Value TypeREG_DWORD
    Value4


outlk12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)