ディスク クォータを有効にする

このポリシー設定では、コンピューターの NTFS ボリュームすべてのディスク クォータ管理を有効および無効にし、ユーザーが設定を変更できないようにします。

このポリシー設定を有効にした場合、ディスク クォータ管理は有効になり、ユーザーがそれを無効にすることはできません。

このポリシー設定を無効にした場合、ディスク クォータ管理は無効になり、ユーザーがそれを有効にすることはできません。

このポリシー設定を構成しなかった場合は、ディスク クォータ管理は既定で無効になりますが、管理者はこれを有効にすることができます。

設定が有効な場合にユーザーが設定を変更できなくするために、システムによって NTFS ボリュームの [クォータ] タブの [クォータの管理を有効にする] オプションが無効になります。

注: このポリシー設定によってディスク クォータ管理は有効となりますが、特別なディスク クォータ制限の確立および強制は行われません。ディスク クォータ制限を指定するには、"既定のクォータ制限および警告レベル" ポリシー設定を使用してください。それ以外の場合は、クォータ制限としてボリュームの物理領域が使用されます。

注: 設定を指定しないでディスク クォータの管理を有効または無効にするには、[マイ コンピューター] で NTFS ボリュームの名前を右クリックして、[プロパティ] をクリックし、[クォータ] タブをクリックしてから、[クォータの管理を有効にする] オプションをクリックします。


サポートされるバージョン: Windows 2000 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows NT\DiskQuota
Value NameEnable
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

diskquota.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)