サーバー切断時の既定外の動作

特定のオフライン ファイル サーバーとの接続が切断されたときにコンピューターがどう応答するかを決定します。この設定は、既定の応答、ユーザー指定の応答、[サーバー切断時の動作] で指定された応答よりも優先されます。

この設定を使うには、[表示] をクリックします。[内容の表示] ダイアログ ボックスの [値の名前] 列ボックスに、サーバーのコンピューター名を入力してください。そして、サーバーとの接続が切断されたときにユーザーのオフライン作業を許可する場合は 0 を、許可しない場合は 1 を [値] 列ボックスに入力します。

この設定は [コンピューターの構成] および [ユーザーの構成] フォルダーにあります。 両方の設定が構成されている場合、[コンピューターの構成] の設定が [ユーザーの構成] の設定よりも優先されます。 [コンピューターの構成] および [ユーザーの構成] の設定は、ユーザーの設定よりも優先されます。 この設定を有効にしても、ユーザーは [オフライン ファイル] タブを使ってカスタム動作を設定することができます。 ただし、この設定を使って確立されたカスタム動作を変更することはできません。

ヒント: 設定を確立せずにこの設定を構成するには、エクスプローラーの [ツール] メニューにある [フォルダー オプション] をクリックし、[オフライン ファイル] タブにある [詳細設定] をクリックします。この設定は [例外一覧] セクション内の設定に対応しています。


サポートされるバージョン: Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000 のみ

利用できなくなったサーバーに対する既定外の操作を指定します。

サーバー名と、下に表示されている動作の値の組み合わせを入力してください。

動作のカスタム設定:

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\NetCache\CustomGoOfflineActions
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

値:

0 = オフラインで作業するサーバーのファイルはローカル コンピューターで利用可能

1 = オフラインで作業しないサーバーのファイルはローカル コンピューターで利用不可


offlinefiles.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)