従来のブラウザのサポート機能を有効にする。

このポリシーでは、従来のブラウザのサポートを有効にするかどうかを管理します。

このポリシーが未設定または false に設定されている場合、Chrome では、指定した URL に対して代替ブラウザを起動しません。

このポリシーが true に設定されている場合、Chrome では、一部の URL に対して代替ブラウザ(Internet Explorer など)の起動を試みます。この機能は、Legacy Browser support グループのポリシーを使って設定します。

この機能は、'Legacy Browser Support' 拡張機能に代わるものです。拡張機能での設定はこの機能に引き継がれますが、今後の互換性を考慮して、Chrome のポリシーを使用することをおすすめします。


サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\Chrome
Value NameBrowserSwitcherEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chrome.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)