Google Chrome を既定のブラウザに設定する

Google Chrome で既定のブラウザのチェックを行うかどうか、ユーザーがこの設定を変更できないようにするかどうかを設定します。

この設定を有効にした場合、Google Chrome の起動時に毎回、既定のブラウザであるかどうかがチェックされ、可能な場合は自動的に自己登録が行われます。

この設定を無効にした場合、Google Chrome が既定のブラウザであるかどうかはチェックされず、また、このオプションを設定するためのユーザー コントロールは無効になります。

この設定を設定しない場合は、ユーザーが Google Chrome を既定のブラウザにするかどうかを指定でき、既定のブラウザでないときにユーザー通知を表示するかどうかも設定できます。

Microsoft® Windows 管理者向けの注意事項: この設定を有効にした場合、設定内容が適用されるのは Windows 7 を実行しているパソコンのみです。Windows 8 以降のバージョンでは、「既定のアプリケーションの関連付け」ファイルを使って、Google Chrome を https プロトコルと http プロトコル(加えて必要であれば ftp プロトコルと、.html、.htm、.pdf、.svg、.webp などのファイル形式)のハンドラに指定する必要があります。詳しくは https://support.google.com/chrome?p=make_chrome_default_win をご覧ください。


サポートされるバージョン: Microsoft Windows 7
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\Chrome
Value NameDefaultBrowserSettingEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chrome.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)