ネイティブ印刷

プリンタのリストを設定します。

管理者はこのポリシーを使ってユーザーのプリンタ設定を
指定できます。

display_name と description は自由形式の文字列で、プリンタを選択しやすいようにカスタマイズできます。manufacturer と model はエンドユーザーがプリンタを識別しやすいようにするための情報で、それぞれプリンタのメーカーと機種を表します。uri は、クライアントのパソコンからアクセス可能な、scheme、port、queue を含むアドレスである必要があります。uuid の指定は任意で、指定した場合は zeroconf プリンタの重複除外に使用されます。

effective_model にプリンタの名前を含めるか、autoconf を true に設定する必要があります。両方のプロパティが指定されているか、どちらのプロパティも指定されていないプリンタは無視されます。

プリンタの設定は初回使用時に完了し、プリンタが使用されるときに初めて PPD がダウンロードされます。以降、使用頻度の高い PPD はキャッシュされます。

このポリシーでは、ユーザーが各自のデバイスでプリンタを設定できるかどうかは制御されません。このポリシーは、個々のユーザーのプリンタ設定をサポートすることを目的としたものです。

Active Directory の管理下にあるデバイスの場合、このポリシーでは、${MACHINE_NAME[,pos[,count]]} から Active Directory のマシン名またはその部分文字列への展開がサポートされます。たとえばマシン名が CHROMEBOOK の場合、${MACHINE_NAME,6,4} は 6 文字目以降の 4 文字(BOOK)に置き換えられます(先頭をゼロ文字目として数えます)。

スキーマと書式設定について詳しくは、https://cloud.google.com/docs/chrome-enterprise/policies/?policy=NativePrinters をご覧ください。

サンプル値:

{ "display_name": "Color Laser", "description": "The printer next to the water cooler.", "manufacturer": "Printer Manufacturer", "model": "Color Laser 2004", "uri": "ipps://print-server.intranet.example.com:443/ipp/cl2k4", "uuid": "1c395fdb-5d93-4904-b246-b2c046e79d12", "ppd_resource": { "effective_model": "Printer Manufacturer ColorLaser2k4", "autoconf": false } }

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

ネイティブ印刷

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS\NativePrinters
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)