Google Chrome OS のロック画面で使用できるメモ作成アプリをホワイトリスト登録する

Google Chrome OS のロック画面でメモ作成アプリとして有効にできるアプリのリストを指定します。

メモ作成アプリがロック画面で有効になっている場合、ロック画面にはそのメモ作成アプリを起動する UI 要素が表示されます。
ユーザーがアプリを起動すると、ロック画面にアプリ ウィンドウが表示され、ロック画面の中でデータ項目(メモ)を作成できるようになります。ロックが解除されたとき、アプリで作成されたメモはメインのユーザー セッションに取り込まれます。現在、ロック画面で使用できるのは Chrome のメモ作成アプリのみです。

このポリシーが設定されている場合、ユーザーはポリシーのリストの値として拡張機能 ID が指定されているアプリであれば、ロック画面で有効にすることができます。
このポリシーで空のリストを設定すると、ロック画面ではメモ作成アプリを一切使用できないことになります。
ポリシーでアプリ ID が指定されているからといって、必ずしもユーザーがそのアプリをロック画面でメモ作成アプリとして有効にできるとは限りません。たとえば Chrome 61 では、プラットフォームによって、利用可能なアプリに関する追加の制限が課されます。

このポリシーが未設定のままの場合は、ユーザーがロック画面で有効にできるアプリに関して、ポリシーによる制限は課されません。

サンプル値:

abcdefghabcdefghabcdefghabcdefgh

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

Google Chrome OS のロック画面で使用できるメモ作成アプリをホワイトリスト登録する

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS\NoteTakingAppsLockScreenWhitelist
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)