NTLMv2 認証を有効にする。

NTLMv2 を有効にするかどうかを指定します。

比較的新しいバージョンの Samba サーバーと Windows サーバーでは NTLMv2 がサポートされています。この設定は、古いバージョンとの互換性が必要な場合にのみ無効にしてください。無効にした場合は、認証のセキュリティが低下します。

このポリシーが未設定の場合、デフォルトは true で、NTLMv2 は有効になります。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameNtlmV2Enabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)