保護されていない発行元に関する制限の適用対象外となる発行元 またはホスト名パターン


保護されていない発行元に関するセキュリティ制限の適用対象外となる
発行元(URL)またはホスト名パターン(例: *.example.com)のリストを
指定します。

このポリシーの目的は、TLS を実装できない以前のアプリケーションに対して
発行元のホワイトリストを組織が設定できるようにすること、または組織で
内部ウェブ開発用のステージング サーバーをセットアップし、ステージング
サーバーに TLS を実装しなくても安全なコンテキストで機能をテストできる
ようにすることです。また、このポリシーを設定すると、アドレスバーで
発行元に「保護されていない」というラベルは表示されなくなります。

このポリシーで URL のリストを設定すると、コマンドライン フラグ
「--unsafely-treat-insecure-origin-as-secure」を使って同じ URL をカンマ
区切りリストで設定した場合と同じ効果が得られます。このポリシーが設定
されている場合、このコマンドライン フラグの指定は無視されます。

UnsafelyTreatInsecureOriginAsSecure も設定されている場合は、このポリシーが優先されます。

安全なコンテキストについて詳しくは、
https://www.w3.org/TR/secure-contexts/ をご覧ください。

サンプル値:

http://testserver.example.com/
*.example.org

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

保護されていない発行元に関する制限の適用対象外となる発行元 またはホスト名パターン

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS\OverrideSecurityRestrictionsOnInsecureOrigin
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)