入力された認証情報に対して漏洩の検出を有効にする

このポリシーを使用して、Google Chrome での認証情報の漏洩チェックを強制的に有効または強制的に無効にできます。

このポリシーを True に設定しても、セーフ ブラウジングが(ポリシーまたはユーザーによって)無効に設定されている場合、指定した動作は適用されません。セーフ ブラウジングを強制的に有効にするには、SafeBrowsingEnabled ポリシーを使用してください。

このポリシーが有効または無効に設定されている場合、ユーザーは Google Chrome で設定を変更したりオーバーライドしたりすることはできません。このポリシーが未設定の場合、認証情報の漏洩チェックは実行可能ですが、ユーザーがオフにすることもできます。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS\Recommended
Value NamePasswordLeakDetectionEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)