パスワード保護について警告する場合のトリガー

パスワード保護の警告を表示するトリガーを制御できます。パスワード保護の警告は、不審なサイトでユーザーが保護されたパスワードを再使用したときに表示されます。

保護するパスワードを設定するには、「PasswordProtectionLoginURLs」ポリシーと「PasswordProtectionChangePasswordURL」ポリシーを使用します。

このポリシーが「PasswordProtectionWarningOff」に設定されている場合、パスワード保護の警告は表示されません。
このポリシーが「PasswordProtectionWarningOnPasswordReuse」に設定されている場合、ホワイトリストに登録されていないサイトでユーザーが保護されたパスワードを再使用したときに、パスワード保護の警告が表示されます。
このポリシーが「PasswordProtectionWarningOnPhishingReuse」に設定されている場合、フィッシング サイトでユーザーが保護されたパスワードを再使用したときに、パスワード保護の警告が表示されます。
このポリシーが未設定の場合、パスワード保護サービスでは Google パスワードのみが保護されますが、ユーザーはこの設定を変更できます。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

パスワード保護について警告する場合のトリガー


  1. パスワード保護について警告しない
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NamePasswordProtectionWarningTrigger
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. パスワードが再使用されたときに、パスワード保護について警告する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NamePasswordProtectionWarningTrigger
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. フィッシング ページでパスワードが再使用されたときに、パスワード保護について警告する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NamePasswordProtectionWarningTrigger
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)