アプリごとの時間制限

アプリごとの使用制限を設定できます。
使用制限は、ある 1 人のユーザーが Google Chrome OS にインストールするアプリに対して適用できます。
制限は |app_limits| リストで渡します。アプリにつき 1 エントリのみの指定が可能で、リストにないアプリには制限は課されません。
オペレーティング システムに必須のアプリは、ブロックできないため無視されます。
アプリは |app_id| で一意に識別されます。ID の形式はアプリのタイプによって異なる可能性があるため、|app_id| に続けて |app_type| を指定する必要があります。
アプリごとの時間制限では現在、|ARC| アプリのみがサポートされており、|app_id| には Android パッケージ名が使用されます。
他のアプリのタイプも今後サポートされる予定で、現在ポリシーで指定することはできますが、実際に制限は課されません。
指定できる制限は、|BLOCK| と |TIME_LIMIT| の 2 種類です。
|BLOCK| を指定した場合、ユーザーはアプリを使用できません。|BLOCK| 制限とともに |daily_limit_mins| を指定した場合、|daily_limit_mins| は無視されます。
|TIME_LIMITS| を指定した場合、1 日の使用上限が適用されます。ユーザーは上限に達すると、その日はアプリを使用できません。使用制限は |daily_limit_mins| で指定し、毎日 |reset_at| で渡された UTC 時間になると制限はリセットされます。
このポリシーは子どものユーザーにのみ使用します。
このポリシーは、「UsageTimeLimit」を補完するものです。「UsageTimeLimit」で指定された制限(利用時間、おやすみ時間など)は、「PerAppTimeLimits」の設定に関係なく適用されます。
スキーマと書式設定について詳しくは、https://cloud.google.com/docs/chrome-enterprise/policies/?policy=PerAppTimeLimits をご覧ください。

サンプル値:

{
"app_limits": [
{
"app_info": {
"app_type": "ARC",
"app_id": "com.example.myapp"
},
"restriction": "TIME_LIMIT",
"daily_limit_mins": 30,
"last_updated_millis": "1570223060437"
},
{
"app_info": {
"app_type": "EXTENSION",
"app_id": "pjkljhegncpnkpknbcohdijeoejaedia"
},
"restriction": "TIME_LIMIT",
"daily_limit_mins": 10,
"last_updated_millis": "1570223000000"
},
{
"app_info": {
"app_type": "BUILT-IN",
"app_id": "iniodglblcgmngkgdipeiclkdjjpnlbn"
},
"restriction": "BLOCK",
"last_updated_millis": "1570223000000"
}
],
"reset_at": {
"hour": 6,
"minute": 0
}
}

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

アプリごとの時間制限(1 行入力欄はサポートを終了し、今後削除する予定です。下の複数行入力欄を使用するようにしてください)。

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NamePerAppTimeLimits
Value TypeREG_SZ
Default Value


Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NamePerAppTimeLimits
Value TypeREG_MULTI_SZ
Default Value

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)