スマート消灯モデルを有効にして、画面が暗くなるまでの時間を延長する

スマート消灯モデルを使って画面が暗くなるまでの時間を延長するかどうかを指定します。

スマート消灯モデルでは、画面が暗くなる時間が近づいたときに時間を延長するかどうかが判定され、延長する場合は最適な時間に調整されます。この場合、画面オフ、画面ロック、アイドル判定までの時間も、最初の指定と同じ間隔で調整されます。
このポリシーが True に設定されているか未設定の場合は、スマート消灯モデルが有効になり、画面が暗くなるまでの時間が必要に応じて延長されるようになります。このポリシーが False に設定されている場合は、画面が暗くなるまでの時間がスマート消灯モデルによって変更されることはありません。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NamePowerSmartDimEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)