ロックのクイック解除機能を使用するために必要なパスワード入力の頻度を設定する

この設定では、ロックのクイック解除機能を継続して使用するために、ロック画面でパスワードの入力を求める頻度を管理します。ロック画面が表示されたときに、前回のパスワード入力からの経過時間がこの設定値を超えている場合、ロックのクイック解除機能を使ってロックを解除することはできません。ユーザーがロックを解除しないまま設定した時間が経過した場合は、次回ユーザーが誤ったコードを入力するか、またはロック画面を表示するか、いずれか早い方の時点でパスワードの入力が求められます。

この設定に値を指定した場合、ロックのクイック解除機能を使用しているユーザーには、この設定に基づくタイミングでロック画面でのパスワード入力が求められます。

この設定に値を指定しなかった場合、ロックのクイック解除機能を使用しているユーザーには、1 日に 1 回ロック画面でのパスワード入力が求められます。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

ロックのクイック解除機能を使用するために必要なパスワード入力の頻度を設定する


  1. 6 時間ごとにパスワードの入力を求める
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NameQuickUnlockTimeout
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. 12 時間ごとにパスワードの入力を求める
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NameQuickUnlockTimeout
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. 2 日(48 時間)ごとにパスワードの入力を求める
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NameQuickUnlockTimeout
    Value TypeREG_DWORD
    Value2
  4. 週 1 回(168 時間ごとに)パスワードの入力を求める
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
    Value NameQuickUnlockTimeout
    Value TypeREG_DWORD
    Value3


chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)