SAML 経由で認証されたユーザーがオフラインでログインできる時間を制限する

ログイン時に、Google Chrome OS は、サーバーに対して(オンライン)またはキャッシュに保存されたパスワードを使用して(オフライン)、認証を行うことができます。

このポリシーが -1 の値に設定されている場合、ユーザーは時間制限なくオフラインで認証を行うことができます。このポリシーが -1 以外の値に設定されている場合、その値は、ユーザーがオンライン認証を行ってから再度オンライン認証を行うことが必要になるまでの時間を表します。

このポリシーが未設定の場合、Google Chrome OS は、ユーザーが再度オンライン認証を行うことが必要になるまでの期間としてデフォルトの 14 日間を使用します。

このポリシーは、SAML を使用して認証を行ったユーザーにのみ適用されます。

ポリシーの値は秒単位で指定します。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

SAML 経由で認証されたユーザーがオフラインでログインできる時間を制限する:

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameSAMLOfflineSigninTimeLimit
Value TypeREG_DWORD
Default Value
Min Value0
Max Value2000000000

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)