セーフ ブラウジングを有効にする

Google Chrome のセーフ ブラウジング機能を有効にするとともに、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。

この設定を有効にすると、セーフ ブラウジングが常に適用されます。

この設定を無効にすると、セーフ ブラウジングは適用されません。

この設定を有効または無効にした場合、ユーザーは Google Chrome の [フィッシングや不正なソフトウェアからの保護を有効にする] 設定を変更したりオーバーライドしたりできなくなります。

このポリシーを未設定のままにした場合、セーフ ブラウジングは有効になりますが、ユーザーがこの設定を変更することもできます。

セーフ ブラウジングについて詳しくは、https://developers.google.com/safe-browsing をご覧ください。

このポリシーは、Microsoft® Active Directory® ドメインに追加した Windows インスタンス、またはデバイスの管理対象として登録した Windows 10 Pro あるいは Enterprise インスタンスでのみ使用できます。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameSafeBrowsingEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)