セーフ ブラウジングの詳細レポートを有効にする

Google Chrome のセーフ ブラウジングの詳細レポートを有効にするとともに、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。

詳細レポートでは、一部のシステム情報とページ コンテンツが Google のサーバーに送信され、危険なアプリやサイトの検出に役立てられます。

この設定を true にした場合、レポートは必要なとき(セキュリティ インタースティシャルが表示されたときなど)に毎回作成され、送信されます。

この設定を false にした場合、レポートは送信されません。

このポリシーが true または false に設定されている場合、ユーザーは設定を変更できません。

このポリシーが未設定の場合、ユーザーは設定を変更でき、レポートを送信するかどうかを指定できます。

セーフ ブラウジングについて詳しくは、https://developers.google.com/safe-browsing をご覧ください。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS
Value NameSafeBrowsingExtendedReportingEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)