セーフ ブラウジングによる警告の表示を行わないドメインのリストを設定する。

セーフ ブラウジングで信頼するドメインのリストを設定します。動作は次のようになります。URL が指定ドメインと一致する場合、セーフ ブラウジングによる危険なリソース(フィッシング、不正なソフトウェア、迷惑ソフトウェアなど)の確認は行われません。
ダウンロードのホストが指定ドメインの場合、セーフ ブラウジングのダウンロード保護サービスによる確認は行われません。
ページの URL が指定ドメインと一致する場合、セーフ ブラウジングのパスワード保護サービスによるパスワードの再利用の確認は行われません。

この設定が有効になっている場合、セーフ ブラウジングでは指定ドメインが信頼されます。
この設定が無効になっているか未設定の場合は、すべてのリソースにデフォルトのセーフ ブラウジング保護が適用されます。
このポリシーは、Microsoft® Active Directory® ドメインに追加した Windows インスタンス、またはデバイスの管理対象として登録した Windows 10 Pro あるいは Enterprise インスタンスでのみ使用できます。

サンプル値:

mydomain.com
myuniversity.edu

サポートされるバージョン: Windows 7 以降および Microsoft Windows Server 2008 ファミリ以降

セーフ ブラウジングによる警告の表示を行わないドメインのリストを設定する。

Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\ChromeOS\SafeBrowsingWhitelistDomains
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

chromeos.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)