自動検出を無効にする

このポリシー設定では、自動検出を無効にできます。

このポリシー設定を有効にすると、以下のオプションから 1 つ以上を選択して自動検出機能を無効にすることができます。

[最後の既知の有効 URL を除外する] – 最後の既知の自動検出 URL を使いません。

[SCP オブジェクト検索を除外する] – 自動検出の情報で Service Connection Point (SCP) オブジェクトの Active Directory クエリを実行しません。

[プライマリ SMTP アドレスに基づくルート ドメイン クエリを除外する] - 自動検出サービスを見つけるために、プライマリ SMTP アドレスのルート ドメインを使いません。たとえば、このオプションを選択すると、以下の URL を使いません: https://autodiscover./autodiscover/autodiscover.xml

[HTTP リダイレクト メソッドを除外する] - 自動検出サービスに次のHTTPS URLのいずれかでアクセスできない場合に、HTTPS リダイレクト メソッドを使いません: https://autodiscover./autodiscover/autodiscover.xml

[DNS で SRV レコード クエリを除外する] - Outlook では自動検出サービスを見つけるため、DNS で SRV レコード検索を使いません。


サポートされるバージョン: Windows 7 以降
最後の既知の有効 URL を除外する
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\outlook\autodiscover
Value Nameexcludelastknowngoodurl
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
True Value1
False Value0
SCP オブジェクト検索を除外する
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\outlook\autodiscover
Value Nameexcludescplookup
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
True Value1
False Value0
プライマリ SMTP アドレスに基づくルート ドメイン クエリを除外する
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\outlook\autodiscover
Value Nameexcludehttpsrootdomain
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
True Value1
False Value0
自動検出ドメインのクエリを除外する
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\outlook\autodiscover
Value Nameexcludehttpsautodiscoverdomain
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
True Value1
False Value0
HTTP リダイレクト メソッドを除外する
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\outlook\autodiscover
Value Nameexcludehttpredirect
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
True Value1
False Value0
DNS の SRV レコード クエリを除外する
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\outlook\autodiscover
Value Nameexcludesrvrecord
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
True Value1
False Value0

outlk15.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)