UserIssuerSerialNumber を使用する

このポリシー設定では、Outlook で SignerIdentifier として IssuerSerialNumber を使うかどうかを指定します。IssuerSerialNumber を使うと、暗号化された Outlook 電子メール メッセージをサードパーティ製電子メール クライアント アプリケーションで読めるようになります。暗号化メッセージの構文の詳細については、RFC 5652 の規定を参照してください。

このポリシー設定を有効にするか、未構成にした場合、Outlook は SignerIdentifier として IssuerSerialNumber を使います。

このポリシー設定を無効にした場合、Outlook は SignerIdentifier として SubjectKeyIdentifier を使います。この場合、暗号化された Outlook 電子メール メッセージをサードパーティ製電子メール クライアント アプリケーションで読めなくなる可能性があります。


サポートされるバージョン: Windows 7 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry Pathsoftware\policies\microsoft\office\15.0\outlook\security
Value Nameuseissuerserialnumber
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

outlk15.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)